このページは、温泉療法について特徴や効能などをご紹介しております。
ご不明な事などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

温泉療法の特徴

長湯温泉の泉質の特徴は?
・長湯温泉は高温と低温の2種類の炭酸泉が湧出しています。
・長湯温泉に入浴すると、炭酸ガスが皮ふから吸収され、血管を拡張し血流を促進します。
すると、筋肉や皮ふの酸素を増加させ、老廃物をウォッシュアウトさせます。
このため、関節痛・筋肉痛などの改善やリハビリ効果、美容効果などを期待できます。
高温と低温の炭酸泉では、効果に違いがありますか?
(高温の炭酸泉)
・高温の炭酸泉では、血流促進などの炭酸効果に加えて温熱効果を期待できます。
炭酸泉の血流促進作用は、炭酸濃度とお湯の温度に関係します。
温かい炭酸泉入浴では、皮ふで温められた血液が温熱効果と炭酸効果でHSP(ヒート・ショック・プロイン)の増加を期待できます。
※しかし、42℃以上の高温浴では酸化物質を増加させるので、42℃未満の温泉が適切です。
・低温の炭酸泉では温熱効果はありませんが、長時間入浴出来ます。
私たちは水などを触った時、34℃より温度が低いと冷たいと感じます。
しかし、炭酸泉入浴では2~3℃温かく感じるので、32℃の炭酸泉入浴でも温かく感じます。
しかし、リラックス効果があり、ストレスを軽減させます。
長湯温泉に続けて入浴すると、どんな効果がありますか?
・低温の炭酸泉では温熱効果は期待できませんが、リラックス効果があり、ストレスを軽減させます。
ページの先頭に戻る
お問い合わせはこちら Eメール info@nagayu-itohin.com

温泉療法とは

インフォメーション

診療時間
午前 AM  8:30~12:30  午後 PM14:00~17:30
休診日
日曜/祝日  水曜/土曜の午後

月・火・木・金の午後は主に入院の方の診察日です
※急患の方は受付いたします

長湯温泉 伊藤医院
〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯7985-5
TEL: 0974-75-2222
FAX: 0974-75-2828
E-mail info@nagayu-itohiin.com
居宅介護支援センター
わくわくデイケア
居宅介護支援センター
わくわくデイケア

QRコード

QRコード 携帯電話のバーコードリーダーで左のQRコードを読み取ってください。
携帯電話で所在地・診療時間・連絡先等をご確認いただけます。

メディア情報

伊藤医院の研究や診療をとりあげている書籍のご案内

  • 『炭酸泉で健康になる!―病気にならないための入浴法』相沢克幸(著) 1,365円(税込)
  • 『“奇跡”の温泉―医者も驚く飲泉力』 朝倉一善(著) 756円(税込)
※Amazon.co.jpへリンクしていますがアフィリエイト広告ではありません